その19 カジキとトビウオ(後編)

アニメ映画『ファインディング・ニモ』には、

カジキもトビウオも、登場していなかった。

思い込み、いや、思い入れもはなはだしい。

 

こちらの筋は確かだ。

ヘミングウェイの『老人と海』。

カジキとトビウオが共演を果たしている。

カジキは、老漁師と激闘を繰り広げる

主役級の役どころ。

トビウオはというと、老漁師のボートに

不覚にも飛び込むという端役。

しかし、疲れ果てた老漁師がトビウオを食し、

空腹を満たすのだから、神の恵みだ。

貴重な役どころを担う。

希代の作家が描いた、かすかな接点だが、

カジキとトビウオが繋がる、大きな接点だ。

 

カジキは英名でソード・フィッシュ、

またはマーリンと呼ばれる。

ソードは刀、長い吻から連想できるが、

マーリンは、ずいぶんとかわいい名前だ。

ワイルドな性格との落差に、

人気の一端を見た気がした。