その15 ただ今、空想中

空飛ぶ魚。

その第1号の栄誉にあずかるのは、

トビウオだと信じて疑わない私であるが、

それを確認することは不可能だ。

百代あとの子孫でもそれは不可能だ。

 

ならば、こんな空想はどうだ。

進化した空飛ぶトビウオのフォルム。

確たる知識は無いが、空想は得意だ。

3通り考えた。

1、体を小さく軽くする。(蚊タイプ)

2、羽を大きくする。(プテラノドンタイプ)

3、2枚羽にする。(トンボタイプ)

※羽は尾ビレのこと

見栄えが良い2番を推したい。

大空を舞うトビウオたち、感動するだろうな。

 

 

(ただ今、空想中)

 

 

先日、電車でシェーバーのCMを目にした。

5枚刃で剃り味バツグン。

ん、5枚羽? いや、無い無い。

いや、進化に「絶対」は禁物だ。

海には変わり者がわんさといる。

どっちにしても、確認はできないが、

空想ならば、時空を軽々と超えていく。